東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > スポーツ > 紙面から > 1月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【スポーツ】

稀勢、進退の初場所 待ったなし

土俵祭りに出席した稀勢の里関。前列は八角理事長=12日、両国国技館で

写真

 大相撲初場所初日を翌日に控えた12日午前、東京都墨田区の両国国技館で土俵祭りが行われ、進退が懸かる稀勢の里関や先場所全休の白鵬関、鶴竜関の3横綱、先場所初優勝の新関脇貴景勝関ら三役以上の力士や、日本相撲協会の八角理事長(元横綱北勝海)らが出席して15日間の安全を祈願した。

 稀勢の里関は、引き締まった表情で、力士人生を懸ける土俵を見詰めた。「いよいよですね。1日1番に集中していく気持ち」と心境を語った。

 土俵祭りでは今場所から立行司に昇格した第41代式守伊之助が祭主を務めた。

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報