東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > スポーツ > 紙面から > 1月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【スポーツ】

2480安打の立浪氏 連投の鬼・権藤氏 中日の雄、野球殿堂入り

野球殿堂入りが決まり、スピーチする立浪和義氏=東京都文京区の野球殿堂博物館で

写真

 野球殿堂博物館は15日、今年の殿堂入りのメンバーを発表し、競技者表彰では、プレーヤー表彰として中日で通算2480安打を放った立浪和義氏(49)、エキスパート表彰として元横浜(現DeNA)監督の権藤博氏(80)が選ばれた。特別表彰ではプロ、アマの雪解けに貢献した元日本高野連会長の脇村春夫氏(87)が選出された。

 立浪氏は大阪・PL学園高から1988年にプロ入りし、1年目から110試合に出場して新人王を獲得。広角に打ち分ける打撃で通算487二塁打のプロ野球記録を打ち立て、二塁、三塁、遊撃の3ポジションで計5度のゴールデングラブ賞に輝いた。

 権藤氏は中日での現役時代に新人から2年連続で30勝以上を挙げ、引退後に中日、近鉄などで投手コーチを歴任。98年から横浜で指揮を執り、就任1年目で38年ぶりの日本一に輝いた。2017年の第4回ワールド・ベースボール・クラシック(WBC)では日本代表の投手コーチを務めた。

 脇村氏は02年から高野連会長を6年間務め、プロが高校生を指導するシンポジウム「夢の向こうに」をスタートさせたほか、プロ選手がシーズンオフに母校で練習することを認めるなど、プロ野球との関係改善に力を尽くした。

<立浪和義氏(たつなみ・かずよし)> 大阪・PL学園高の主将として87年に甲子園大会で春夏連覇。ドラフト1位で88年に中日入り。1年目に開幕戦から先発出場し、新人王に選ばれた。ベストナイン2度、ゴールデングラブ賞を5度受賞。03年に通算2000安打を達成。通算487二塁打はプロ野球最多で、通算2480安打は歴代8位。13年にWBC日本代表の打撃コーチを務めた。49歳。大阪府出身。

<権藤博氏(ごんどう・ひろし)> 佐賀・鳥栖高からブリヂストンタイヤを経て61年に中日入団。新人ながら35勝19敗で最多勝と最優秀防御率、沢村賞。2年目も30勝17敗で最多勝。通算82勝60敗。中日、近鉄など4球団でコーチを務め、98年は監督として横浜(現DeNA)を38年ぶりの日本一に導いた。17年にはWBC日本代表でコーチ。80歳。佐賀県出身。

杉下茂さん(左)に祝福される権藤博氏

写真
 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報