東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > スポーツ > 紙面から > 1月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【スポーツ】

御嶽海前へ 5連勝 次代を担う責任感胸に

御嶽海(右)が押し出しで玉鷲を破る

写真

◇大相撲初場所<5日日>

 横綱白鵬は全勝同士の対戦で、取り直しの末に平幕錦木を上手投げで下し、史上1位の通算勝利数を1100に伸ばした。横綱鶴竜は逸ノ城に寄り切られ2勝3敗。逸ノ城は7個目の金星を獲得した。

 大関陣は豪栄道が栃煌山を寄り切り、初勝利。高安は正代に寄り倒され、2勝3敗となった。栃ノ心は休場した。関脇貴景勝は小結妙義龍を押し出し、1敗を守った。小結御嶽海は関脇玉鷲を押し出し、5連勝。

 全勝は白鵬、御嶽海、平幕の阿武咲、魁聖の4人となった。

     ◇

 突きにも、のど輪にも下がらない。御嶽海はむしろ前に出た。右からのど輪、左からおっつけて挟みこむ、玉鷲が得意とする攻めを問題にしない。「よく見えて、体も反応できた」。相手の腕の下から手をあてがって圧力を逃がす。巧みな手さばきと素早さで玉鷲を上回った。

 低い姿勢を崩さず土俵際に追い込み、右をのぞかせると左ははず押し。腰を落とした万全の体勢で押し出した。「淡々と、平常心でやれています」。落ち着いた受け答えに手応えをにじませた。

 昨年は年頭に大関取りを目標に掲げた。名古屋場所で初優勝したがその後が続かず、最後の九州場所で負け越し。昇進には届かなかった。今年は「大きいことは言わずにやる」と静かに闘志を燃やす。

 若い世代の先頭を走る自負は持ち続けている。稀勢の里の引退に「悲しいし寂しいけれど、自分も存在感を出し切れるように。徐々に」。次代の土俵を担う責任感を、心の中では少しずつ育んでいる。

 今場所は初日から横綱に2連勝。昨年の横綱戦は、初場所で鶴竜に勝った後は5連敗だった。上位陣の壁にはね返された昨年を上回る存在感をすでに見せ始めている。

 土俵下で見守った藤島審判長(元大関武双山)は「名古屋で優勝した時よりいい。自信に満ちている。実力者相手に押されないですから」と充実ぶりを認める。序盤から上位陣との対戦が続き、御嶽海は「もう疲れのピーク」と冗談めかす。後半戦で連敗するのは昨年からの課題。鍵を握るのは体力か。終盤まで好調を保つペース配分を身に付ければ、大関という目標はぐんと近づく。 (海老名徳馬)

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報