東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > スポーツ > 紙面から > 1月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【スポーツ】

森薗・伊藤組が貫禄の連覇 卓球全日本選手権混合複

混合ダブルスで優勝した森薗(左)、伊藤組=丸善インテックアリーナ大阪で

写真

 全日本選手権第4日は17日、大阪市の丸善インテックアリーナ大阪で行われ、混合ダブルスは決勝で森薗政崇(岡山)伊藤美誠(スターツ)組が張本智和、長崎美柚(みゆう)組(エリートアカデミー)を3−1で下し、2連覇を飾った。

 シングルスの男子は前回優勝の張本、水谷隼(木下グループ)、女子では2連覇を目指す伊藤、石川佳純(全農)平野美宇(日本生命)が初戦の4回戦で勝った。

 ダブルスの男子は水谷、大島祐哉(木下グループ)組、女子では早田ひな(日本生命)伊藤組、石川、平野組が初戦の4回戦を突破した。

 ジュニアの部のシングルスで男子は戸上隼輔(山口・野田学園高)、女子は出沢杏佳(いでさわ・きょうか=茨城・大成女高)がそれぞれ初優勝した。

◆攻め抜く姿勢忘れず 伊藤、連続3冠へ好発進

 張り詰めた空気に包まれた第4ゲーム。優勝に王手をかけた10−8で伊藤が繰り出したサーブに、張本のレシーブがネットにかかった。拳をぐっと握って喜びをかみしめた伊藤は「優勝は自信につながる。1年たっても、しっかり勝てる力を出せた」。前回と同じく森薗と組んだ混合ダブルスで、連覇を成し遂げた。

 第2ゲームを奪われて1−1とされてからの粘り強さが勝利を引き寄せた。第3ゲームはゲームポイントを握られながらも3連続得点を奪い12−10と逆転で制した。「向かってこられた以上に自分たちが向かっていった」と伊藤が振り返るように、攻め抜く姿勢を忘れなかった。準決勝までの5戦は全てストレート勝ち。決勝は「世界で勝てている選手と試合をやりたかった」と待ち望んだ張本のいるペアとの対戦となった。森薗とともに長短織り交ぜたサーブなどで的を絞らせず、張本の強力なバックハンドレシーブを封じる策を講じながらピッチの速いプレーで仕掛けた。

 国際大会でもペアを組む2人だけに、連係の完成度は別格だった。前回3冠を達成した伊藤にとっては今大会一つ目のタイトルを獲得。「目の前の試合をやりきることだけを意識したい。自分の実力を出せば大丈夫」と2年連続の3冠に挑む。 (磯部旭弘)

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報