東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > スポーツ > 紙面から > 1月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【スポーツ】

豪風が引退 元関脇、39歳 押尾川襲名へ

豪風

写真

 元関脇で東十両12枚目の豪風(たけかぜ)(39)=本名成田旭、秋田県出身、尾車部屋=が初場所10日目の22日、現役引退を表明した。9日目に8敗目(1勝)を喫して負け越しが決まり、幕下転落の危機が迫っていた。今後は年寄「押尾川」を襲名し、後進の指導に当たる見込み。10日目の対戦相手、英乃海は不戦勝。

 秋田・金足農高出身の豪風は中大4年時に学生横綱に輝き、2002年夏場所に幕下15枚目格付け出しで初土俵。02年秋場所で新十両、03年春場所で新入幕を果たし、08年春場所で新小結、14年秋場所には35歳2カ月の戦後最年長で新関脇に昇進した。

 小柄ながら突き、押しを武器に、史上10位の幕内在位86場所、史上8位の幕内出場1257回と長く活躍。三賞は敢闘賞を2度受賞した。

◆悔いは一つもない

<豪風の話> 悔いは一つもない。簡単な話ではないし悩んだが、力士として自分なりの潔さを出したつもり。長くやった分、多くの方に見ていただけた。自分の相撲道はこれからです。

◆いいじゃないかと

<豪風の師匠、尾車親方(元大関琴風)の話> 昨夜(21日夜)電話があった。「それでいいじゃないか。しがみついても仕方ないから」と言った。今場所で(初土俵から通算)100場所で98場所関取をやった。そんな力士はいないよ。

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報