東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > スポーツ > 紙面から > 1月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【スポーツ】

大坂、全豪4強 ランク初3位以内

全豪オープンテニス女子シングルスで準決勝進出を決め、歓声に応える大坂なおみ=23日、メルボルンで(共同)

写真

 【メルボルン=共同】女子テニスの大坂なおみ(21)=日清食品=が二十三日、当地で行われた四大大会第一戦、全豪オープンのシングルス準々決勝でエリナ・スビトリナ(ウクライナ)に6−4、6−1で勝ち、日本勢で一九九四年大会四強の伊達公子以来二十五年ぶりの準決勝進出を果たした。世界ランキング四位の大坂は大会終了後に男女を通じて日本勢過去最高の三位以内となることが確定した。

 一年間の成績をコンピューターで換算する現行制度になった七〇年代中盤以降で三位以内は初めて。女子で九五年に伊達、男子で二〇一五年に錦織圭(日清食品)が初めて記録し、大坂が昨年十月に到達した四位がこれまでの最高位だった。四大大会二連勝を目指す大坂は二十四日に準決勝に臨む。

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報