東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > スポーツ > 紙面から > 1月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【スポーツ】

日本、ミス恐れず中央突破 PK生んだ縦パス アジア杯準々決勝

サッカーのアジア・カップでベトナムに勝利して準決勝進出を決め、タッチを交わす日本イレブン=ドバイで(共同)

写真

 【ドバイ(アラブ首長国連邦)=唐沢裕亮】2大会ぶりのアジア・カップ優勝を目指す日本が、苦しみながらも4強入りを決めた。24日、当地での準々決勝でベトナムに1−0で勝利。後半12分に準々決勝から導入されたビデオ・アシスタント・レフェリー(VAR)で得たPKを堂安(フローニンゲン)が決めて逃げ切った。日本は28日、決勝進出を懸け、アルアインでイランと戦う。

 粘り強くやり続ける。チームが掲げる縦パスへのチャレンジが、膠着(こうちゃく)した状況を打開した。ベトナム戦で勝負を決めるPKをもたらしたのは連続した2本の縦パスだった。起点となった遠藤(シントトロイデン)は「ミスを恐れず挑戦する。縦をやり続けることが相手にとって嫌なことは分かっていた」とうなずいた。

 「あれこそが監督が求めているサッカー」と堂安が振り返ったのは後半8分のプレー。守備的MFの遠藤からの縦パスを中央で受けた原口(ハノーバー)がドリブルで少し持ち出し、すかさずペナルティーエリアに走り込む堂安の足元へパスを入れた。縦の意識を共有した3人が連動。エリア内に鋭く進入した堂安が相手守備陣に足をかけられ、VARによってPKが与えられた。

 前半、DFラインや守備的MFからの前線への縦パスが相手にカットされ何度か危機を招いたが、サイドだけでなく勇気を持って中央を攻め抜いた。「続けてやることに意味がある」と堂安。ボールを回して相手を疲れさせて後半にスペースが空いたところを仕留める狙いも奏功した。

 とはいえ攻撃全般で物足りなさが残った。相手が元気だった前半はボールが収まらず、攻撃の形をつくれなかった。2点目も遠く、森保監督は「決定力はチームの課題」と認める。次は中3日でアジアトップの実力を誇るイランに挑む。一つのミスが命取りになる相手に縦パスから連動した攻撃につなげられるか。質とともに勇気もまた試される。 (唐沢裕亮)

写真
 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報