東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > スポーツ > 紙面から > 1月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【スポーツ】

V争い白鵬休場 初場所 右膝など痛め

写真

 大相撲の西横綱白鵬(33)=写真、本名ムンフバト・ダバジャルガル、モンゴル出身、宮城野部屋=が初場所十四日目の二十六日、「右膝血腫、左足関節炎で今後約一週間の加療を要する見込み」との診断書を提出して休場した。

 昨年十月に右膝などを手術した白鵬は全休明けの今場所、初日から十連勝したが、十一日目から三連敗と崩れていた。師匠の宮城野親方(元幕内竹葉山)によると、四日目に右膝、五日目に左足首を痛めたという。

 優勝争いをしていた白鵬の二場所連続十一度目の休場で、十四日目に二敗の関脇玉鷲が勝ち、三敗の関脇貴景勝が敗れれば、玉鷲の初優勝が決まる。白鵬の十四日目の対戦相手、大関豪栄道は不戦勝で勝ち越し。

 今場所は稀勢の里(現荒磯親方)が引退し、鶴竜が途中休場しており、先場所に続く横綱不在となった。

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報