東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > スポーツ > 紙面から > 1月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【スポーツ】

大坂選手「全豪V自信あった」 一夜明け会見で笑顔

テニスの全豪オープン女子シングルス優勝から一夜明け、インタビューに応じる大坂なおみ選手=27日、メルボルンで(共同)

写真

 【メルボルン=共同】テニスの全豪オープン女子シングルスを初制覇して四大大会二連勝を達成し、アジア初の世界ランキング一位に就くことが決まった大坂なおみ選手(21)=日清食品=が快挙から一夜明けた二十七日、当地郊外の海沿いで大会主催の記念撮影に臨んだ。「すごいうれしい」と日本語で心境を語り、英語で「(昨夏の)全米オープン優勝はサプライズだったけど、今回は自信があった」と笑顔で振り返った。

 大坂選手は鮮やかな色彩のワンピース姿で登場し、報道陣の要求に応えてトロフィーに口づけした。北海道根室市の自宅で観戦した祖父鉄夫さんが「ハラハラする展開で、血圧が上がった」とコメントしたことを聞き「おじいちゃんはいつも私の試合で熱くなる。リラックスしてほしい」と話し「今はゆっくり寝たい。後はカツ丼を食べたい。全米で優勝して以来食べてないから」と「なおみ節」で笑わせた。

 全七試合で二度の逆転勝ちを含む四度のフルセットを戦い抜き「どんな状況でも諦めずに戦えば、チャンスをつかめることを学べた」と成長した部分を口にした。世界ナンバーワン選手として臨む今後に向けては「これまでとやることは変わらない。どの大会でもいいプレーをしていきたい」と自然体を強調した。

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報