東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > スポーツ > 紙面から > 1月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【スポーツ】

日本3発 決勝進出 大迫だ 原口だ イラン完封

先制ゴールを決める大迫(右から2人目)=アルアインで(共同)

写真

◇サッカー・アジア杯 日本3−0イラン

 【アルアイン=唐沢裕亮】アジア・カップ第19日は28日、アラブ首長国連邦(UAE)の当地で準決勝1試合が行われ、日本がイランを3−0で破って決勝進出を決めた。2011年大会以来2大会ぶり5度目の優勝を懸け、2月1日の決勝でカタール−UAEの勝者と対戦する。後半11分、南野の左からのクロスを大迫が頭で合わせて先制。その後、イランの選手が相手のペナルティーエリア内でハンドを犯し、PKを獲得。同22分、大迫がPKを決めて、追加点を奪った。終了間際には原口がダメ押しとなる3点目を決めた。

 今大会の優勝候補の一角とされるイランにも、恐れることはなかった。準々決勝までの5試合で12得点無失点と安定した試合運びを進めてきた強豪を破り、日本が2大会ぶりの決勝にたどり着いた。

 「出場できない時間が続いていたので、チームのために点を取ろうと思っていた」と試合後に汗を拭った大迫が5試合ぶりの先発で先制した。右臀部(でんぶ)痛から復帰。押し込まれていた後半11分、大迫からのパスを受けた南野が倒されたが、プレーが流されると、すぐにボールを拾い直してクロス。中央へ入った大迫が頭で合わせた。

 ボールを収められる大迫を生かしたプレーで複数が連動した。前半には大迫のスルーパスに左サイドを抜け出した長友が反応。そのクロスに南野が走り込む。後半22分には大迫がPKを決めて2点目。相手を欺く大迫のパスを受けた南野の折り返しが、相手のハンドを誘った。イランはボールを奪ってからの仕掛けが速く、準々決勝まで4得点を挙げているアズムンにボールを合わせてきた。日本は自陣でボールを奪われ危ない場面も続いたが、守備陣が体を張ってしのいだ。

 今大会は、予想以上の劣勢から極端にボール保持率が低くなった決勝トーナメント1回戦サウジアラビア戦や、試合をつくりながらもPKによる1点辛勝だった準々決勝ベトナム戦など次々に課題が浮かび上がる。

 その中で森保監督は修正を重ねながら「チームは未完成。成長しながら結果を出そう」と鼓舞してきた。ワールドカップ(W杯)ロシア大会後に新たなチームづくりを進める日本。苦しい時間帯もあったが、11年から指揮を執るケイロス監督のもとで攻守に成熟したイランを上回った。 (唐沢裕亮)

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報