東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > スポーツ > 紙面から > 2月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【スポーツ】

柔道五輪「金」 松本薫選手引退

松本薫選手

写真

 柔道女子57キロ級で二〇一二年ロンドン五輪金メダルの松本薫選手(31)=ベネシード=が現役を引退することが二日、関係者の話で分かった。昨年十一月の講道館杯全日本体重別選手権の一回戦で敗退し、第一線を退く意向を表明していた。来週にも記者会見を開き、正式に発表する予定。

 松本選手は金沢市出身。石川・金沢学院東高(現金沢学院高)から帝京大に進んで頭角を現し、闘志むき出しの柔道スタイルと表情から「野獣」の異名で親しまれた。世界選手権は一〇年、一五年と二度制している。

 銅メダルだった一六年リオデジャネイロ五輪後に休養し、結婚。一七年六月に第一子となる長女を出産後、「ママでも野獣」と宣言して復帰した。競技と育児を両立しながら二〇年東京五輪を目指したが、講道館杯での結果を受け「東京五輪(代表入り)はゼロパーセント。勝負師とは懸け離れたステージにいるのかな」と心境を語っていた。

 講道館杯後は全日本柔道連盟の強化指定選手から外れた。関係者によると、最近は練習をせずに、周囲へのあいさつ回りなどを行い、引退への準備を進めていたという。

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報