東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > スポーツ > 紙面から > 2月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【スポーツ】

中島、移籍金43億円 日本選手最高額、カタールへ

 【ドーハ=共同】カタール1部リーグ、アルドハイルは3日、ポルトガル1部のポルティモネンセから中島翔哉(24)を獲得したと発表した。欧州の報道によると移籍金は3500万ユーロ(約43億7500万円)で、日本選手としては2001年に中田英寿がローマからパルマ(イタリア)に移籍した際の約32億円を上回る史上最高額とみられる。

 中島はポルティモネンセで主力として活躍し、格上のベンフィカやポルトを相手にも好プレーを披露した。ステップアップするなら欧州内での移籍が現実的とみられていたが、新天地はカタール。背後には同国の投資ファンドが所有する強豪パリ・サンジェルマン(フランス)の存在があるとの見方もある。

 アルドハイルはアジア・チャンピオンズリーグ(ACL)にも出場し、今冬は欧州の強豪クラブを渡り歩いたモロッコ代表DFベナティアも獲得した。だがスペイン紙アスなどは中島の移籍が単純な補強ではなく、欧州サッカー連盟(UEFA)がクラブの健全経営のために定めた規約にパリSGが違反しないための方策だと報じている。

 パリSGはネイマール(ブラジル)やエムバペ(フランス)が所属する欧州屈指の強豪で、選手獲得に記録的な資金を投入してきた。中島の加入を実現させるため、つながりのあるカタールのクラブを経由して規約に抵触しない範囲で移籍金を再設定するか、期限付きで獲得する可能性が指摘されている。 (共同)

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報