東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > スポーツ > 紙面から > 2月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【スポーツ】

小林陵3位 スキーW杯ジャンプ 船木に並ぶシーズン15度目表彰台

W杯ジャンプ男子個人第21戦で3位に入った小林陵侑=ビリンゲンで(共同)

写真

 【ビリンゲン(ドイツ)=共同】ノルディックスキーのワールドカップ(W杯)ジャンプ男子は16日、当地で個人第21戦(ヒルサイズ=HS145メートル)が行われ、小林陵侑(りょうゆう=土屋ホーム)は144・5メートル、143メートルの合計304・7点で3位だった。

 小林陵の表彰台は今季15度目。国際スキー連盟によると、1998〜99年シーズンの船木和喜(フィット)に並び、日本選手のシーズン最多記録となった。

 カール・ガイガー(ドイツ)が2回目に150・5メートルの最長不倒を決めて311・1点で逆転勝ちし、今季、通算ともに2勝目を挙げた。小林潤志郎は12位、伊東大貴は13位、佐藤幸椰(ゆきや=以上雪印メグミルク)は30位だった。

 葛西紀明(土屋ホーム)は1回目40位で2回目に進めなかった。

◆強さ支える修正力

 小林陵は「調子が若干悪い」と打ち明ける。それでもヒルサイズに2回とも迫って3位に食い込んだ。今季21戦で15度目の表彰台を確保し「ここまで安定しているとは思わなかったので、上出来」とうなずいた。強さを支えているのは、わずかなずれを修正できる能力だ。

 前日の団体は各チームの4番手の中で2回とも4位の得点にとどまり、この日の公式練習では133メートルと飛距離を伸ばせなかった。「ずっと同じミスをしていた。助走でつま先に(体重が)かかって(前に)刺さり気味になっていた」という。

 本戦の1回目は体重をやや後ろにかけた。これで助走の滑りがスムーズになり、好飛躍が生まれた。

 目下の課題に飛型点の改善を挙げる。最大のライバルである個人総合2位のストッフ(ポーランド)とは、飛型点だけで4点の差がついた。日本の新エースは2回目に少しだけ着地が乱れたことを反省し「テレマーク(姿勢)を入れないと勝てない。しっかり入れていきたい」と、語気を強めた。 (共同)

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報