東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > スポーツ > 紙面から > 3月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【スポーツ】

堀尾5位、学生初MGC出場権 東京マラソン 五輪へ開けた視界「全力で」

日本男子トップの5位でゴールする堀尾謙介=3日、東京都千代田区で

写真

 東京マラソン(東京新聞など共催)は3日、東京都庁前から東京駅前のコースで行われ、男子は堀尾謙介(中大)が2時間10分21秒で日本人最高の5位だった。24歳のビルハヌ・レゲセ(エチオピア)が2時間4分48秒で初優勝。日本記録保持者の大迫傑(ナイキ)は29キロ付近で棄権した。 

 堀尾と9秒差で6位の今井正人(トヨタ自動車九州)、7位の藤川拓也(中国電力)、8位の神野大地(セルソース)までの4人が9月に行われる2020年東京五輪代表選考会「グランドチャンピオンシップ(MGC)」出場を決めた。男子のMGC出場権獲得者は28人となった。

 冷たい雨の中、中盤までハイペースの争いに加わった日本勢は後半に失速し中村匠吾(富士通)は15位、佐藤悠基(日清食品グループ)は16位に終わった。

 女子はルティ・アガ(エチオピア)が2時間20分40秒で制し、初マラソンの一山麻緒(ワコール)が2時間24分33秒で日本勢最高の7位。前田穂南(天満屋)は12位、清田真央(スズキ浜松AC)は14位、高島由香(資生堂)は途中棄権した。

 車いすの部で男子はマルセル・フグ(スイス)が初優勝、女子はマニュエラ・シャー(スイス)が2連覇した。(スタート時雨、気温5・7度、湿度58・6%)

 終盤、何度も振り返り、ゴールへ進む。黒縁眼鏡がトレードマークの堀尾が学生で初のMGC出場権を獲得した。「後ろから来ているか、ひやひやした。眼鏡がぼやけていてよく見えなかった」と苦笑い。今後はゴーグルやコンタクトレンズに変えるのか、と問われると「特に走りにくくない。ずっと眼鏡で」ときっぱり。ほんわかとした雰囲気と芯の強さをのぞかせた。

 マラソンで世界選手権に2度出場した中大の藤原正和監督から「マラソンの適性がある。早い段階から挑戦した方がいい」と助言を受けた。昨年の東京は故障で見送り、1年かけて長い距離を走り込んできた。

 2月には今春入社するトヨタ自動車の奄美大島合宿に参加。見守った佐藤敏信監督は「軸がしっかりした走りで平然と社会人の練習についていく。既に40キロ走を2本こなしていたのに、35キロ走で余裕があった。かなりの素材」と驚きを隠さない。「練習で頑張ることができるし、出し切れる力もある。東京で好走するかも」と予感していた。

 合宿最終日には、先輩やスタッフを待たせ、身長183センチの体を揺らして最後に集合場所へとやって来た。大物感を漂わせていたという。佐藤監督は「眼鏡の話もそうだけど、少し天然で自分の世界を持っている。それがいい。そういう選手は強い」と笑いとともに、期待を寄せる。

 次のマラソンは9月のMGC。再び東京で快走となるか。「(同じ所属になる)服部勇馬さんたちと練習を積んでくる。東京五輪への挑戦権をつかんだので、全力で目指したい」。開けた視界。22歳の眼鏡に曇りはないだろう。 (森合正範)

 <MGC>9月15日に開催される2020年東京五輪の代表選考会「マラソングランドチャンピオンシップ」の略称。MGCで男女各2人を選ぶ。17年夏から今春までの国内指定大会で、日本陸連が定めた順位とタイムの条件を満たすと出場権を獲得。ほかに国際陸連が世界記録を公認する競技会で、男子は2時間8分30秒、女子は2時間24分0秒に到達するか、2大会平均で男子は2時間11分0秒以内、女子は2時間28分0秒以内の記録を残せば出場権を得られる。

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報