東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > スポーツ > 紙面から > 3月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【スポーツ】

22歳・新浜が日本新 高木美、小平も スピードスケートW杯最終戦

男子500メートルのレース後、観客に手を振る新浜立也。日本記録を大幅に更新した=ソルトレークシティーで(共同)

写真

 【ソルトレークシティー=共同】W杯最終戦は9日、当地で開幕し、男子500メートルで22歳の新浜立也(高崎健康福祉大)が日本記録を大幅に更新する33秒83で2位となった。パベル・クリズニコフ(ロシア)が33秒61の世界新で優勝。従来の世界記録はクリズニコフの33秒98、日本記録は加藤条治(博慈会)が2013年に出した34秒21だった。村上右磨(村上電気)は34秒11で3位に入った。

 女子の500メートルは小平奈緒(相沢病院)が36秒47で自身の日本記録を0秒03更新して優勝。W杯で1000メートルと合わせて通算27勝となった。1000メートルは高木美帆(日体大助手)が世界記録でもあった小平の日本記録を塗り替える1分11秒71で2位、小平が1分11秒77の3位。ブリタニー・ボウ(米国)が1分11秒61の世界新で優勝した。

 男子1000メートルはキエルド・ナウシュ(オランダ)が1分6秒18、女子3000メートルはマルティナ・サブリコバ(チェコ)が3分52秒02と、いずれも世界新記録で制した。

 リンクは標高1400メートル超の高地にあり、好記録が生まれやすい。

◆500メートル2位 驚異の33秒台

 W杯参戦は今季からという新鋭が、日本勢にとって未知の領域に足を踏み入れた。ゴールを滑り抜け、掲示板に光った新浜のタイムは男子500メートルの世界記録を0秒15縮める33秒83。

 2組後に滑ったクリズニコフにさらに上をいかれたが「リラックスして自分のレースができた」と悔いはない。底知れない能力を、高速リンクで爆発させた。

 100メートル通過は全体2番目の9秒50。真骨頂はここからだ。「世界一いけてる」と自負するバックストレートで猛然と加速。外側のレーンを回る最終コーナーを滑らかに攻略し、驚異のタイムに会場は騒然となった。

 2001年、同じ会場で清水宏保が当時の世界記録34秒32をマークし「33秒台は視野に入っている」と言ってから18年。加藤条治(博慈会)や長島圭一郎がつないできた日本男子の看板種目は近年の低迷期を抜け、新時代に突入した。

 その中心が183センチ、89キロの恵まれた体で躍進する22歳の新浜だ。

 昨季の平昌冬季五輪は代表選考会4位で惜しくも出場を逃した。そこから約1年で急成長。技術的には未熟な部分もまだ多い。「さらに上を目指し、世界記録を更新する」。可能性に満ちた新エースが威勢良く宣言した。 (共同)

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報