東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > スポーツ > 紙面から > 3月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【スポーツ】

玉鷲、反撃のろし 連敗ストップ 貴景勝に粘り勝ち

貴景勝(右)を押し出しで破る玉鷲

写真

◇大相撲春場所<5日目>

 大関昇進を目指す関脇貴景勝が、先場所優勝の関脇玉鷲に押し出されて2敗目を喫した。玉鷲は2勝目。

 横綱、大関陣は2日続けて安泰だった。両横綱は白鵬が妙義龍を突き落として5連勝。鶴竜は大栄翔をはたき込んで4勝目を挙げた。

 大関陣は豪栄道が正代を押し倒して5戦全勝。高安は錦木を寄り切って4勝目を挙げ、かど番の栃ノ心は魁聖を寄り切って白星を先行させた。

 全勝は白鵬、豪栄道と平幕の逸ノ城、琴奨菊の4人となった。

    ◇

 2日目から3連敗を喫し、優勝した先場所のような元気の見られなかった玉鷲が、ようやくらしさを取り戻した。大関とりで一歩先を行く貴景勝に土をつけ「狙い通り。良いものを出せた」と、自然と頬が緩んだ。

 立ち合いは互角。それでも貴景勝の突き押しの圧力を受け徐々に後退。一度は左足が俵にかかった。だが、粘り強く下から腕をはね上げ勝機を待った。相手がいなそうとしたところを見逃さず、両手で胸を押し、一気呵成(かせい)に今場所の主役を押し出した。

 師匠の片男波親方(元関脇玉春日)は、弟子の4日目までを野球に例え「(優勝したことで)ホームランばかりを狙っている。まずはボールに当てる準備をしないといけない」と一発の突き押しで仕留めようとするような、よそ行きな相撲内容を案じていた。

 だが、この日の一番を審判として土俵下から見守った後は、「目が覚めたかもしれないですね。自分の取り口はこうだと、肌で感じたのでは」とひとまず胸をなで下ろした。阿武松審判部長(元関脇益荒雄)も「相手の攻め手を封じながら反撃のチャンスを待った玉鷲らしい相撲」と評した。

 角界では、突き押しが得意な力士は連勝と連敗を繰り返すことが多いとされ、相撲用語で連相撲(つらずもう)と呼ばれる。優勝争いから後れを取ったのは事実だが、まだ5日目。先場所は6日目から破竹の10連勝で賜杯をかっさらったとあって、期待はしぼんではいない。

 今場所から新調した締め込みに、長男と先場所の千秋楽に誕生した次男の名を刻み土俵に上がっている。ベテランの34歳。「若手に、新しく入ってきた人に負けたくない」。先場所の覇者が本領を発揮してこそ、土俵の盛り上がりは増す。 (禰宜田功)

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報