東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > スポーツ > 紙面から > 3月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【スポーツ】

22年サッカーW杯拡大、6月決定 近隣国と共催条件 16増の48チームに

 【マイアミ=共同】国際サッカー連盟(FIFA)は15日、米フロリダ州マイアミで理事会を開き、2022年ワールドカップ(W杯)カタール大会の出場チームを16増の48に拡大する案を、近隣国との共催を条件に実行可能と認めた。6月の総会(パリ)で可決されれば正式に決まる。実現すればアジアからの出場は8チーム以上に増える。

 理事会に提出されたFIFA作業グループによる実行可能性の調査報告書では、カタール単独での48チーム受け入れは不可能と結論づけられた。共催の候補国にはクウェート、オマーンのほか、17年6月から続いているカタールとの断交の解除が必要とした上でサウジアラビア、アラブ首長国連邦(UAE)、バーレーンも含まれた。

 4年に1度行われるサッカー界最大の祭典は、米国、カナダ、メキシコが共催する26年大会を48チームで実施することが既に決まっている。

 カタールの同意を得ることが前提だが、FIFAのインファンティノ会長は「(211の)加盟協会の90%が賛成している」と述べ、出場枠拡大が22年大会からとなる可能性が高いことを示唆した。

写真
 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報