東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > スポーツ > 紙面から > 3月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【スポーツ】

高安、慌てず「辛抱、辛抱」 逸ノ城 7連勝

北勝富士(左)を下し1敗を守った高安

写真

◇大相撲春場所<7日目>

 両横綱は白鵬が正代を突き倒して7戦全勝とし、鶴竜は錦木をはたき込んで1敗を堅持。大関昇進を狙う関脇貴景勝は大栄翔を力強く突き出し、5勝目を挙げた。

 大関陣は高安が新小結北勝富士を、豪栄道は小結御嶽海をともに送り出して1敗を守った。かど番の栃ノ心は遠藤に寄り倒されて3敗目。関脇玉鷲は魁聖を押し出し、白星を先行させた。

 全勝は白鵬と平幕逸ノ城の2人。1敗で鶴竜、高安、豪栄道、平幕の碧山、琴奨菊の5人が追う展開となった。

     ◇

 立ち合い、北勝富士の右からのおっつけで、高安は左差しを封じられた。これまでの幕内の対戦では2勝4敗と苦手にしている相手。得意とするかち上げで上体を起こして懐に入り、組み止められれば文句はなかったが、「右を固めてきたから辛抱。それしかなかったです」と方針転換。じっくり勝機をうかがう相撲にかじを切った。

 下からのしつこい攻めに腰が浮きかけても何とか踏ん張った。土俵際、左腕を取って強引なかいなひねりを試みたが、すぐに思い直したように正対。右足が俵に乗ったが「俵に(足が)かかってからが相撲ですから」。相手の腕が伸びた隙を見逃さず右をこじ入れ左も抱えた。すくい投げを打って北勝富士の体勢を崩し攻守逆転。最後は背中を押して送り出し。この日、テレビ中継の解説デビューを果たした兄弟子荒磯親方(元横綱稀勢の里)に白星を届けた。

 「慌ててくれれば良かったですが」とは北勝富士の弁。相手の術中にはまることなく1敗をキープ。八角理事長(元横綱北勝海)も「今場所はよく辛抱している」と大関と同じ言葉で評価する。

 ここ数年、初優勝を期待するファンを毎場所のように裏切り続けてきた。格下相手の取りこぼしが大きく響き、賜杯を遠ざけてきた。今場所も3日目に成長株の大栄翔に不覚を取ったが、全勝の2人とは星一つの差。最低限の結果は残している。

 後半に向けて尻上がりに調子を上げるのがいつもの形。「明日も負けない相撲を、冷静に辛抱して辛抱強い相撲を取りたい」と高安。支度部屋で呪文のように「辛抱」と繰り返したように、これまでにはない忍耐強さが光っている。 (禰宜田功)

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報