東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > スポーツ > 紙面から > 3月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【スポーツ】

竹田会長、退任の意向 五輪招致疑惑 19日にも表明

竹田恒和会長

写真

 二〇二〇年東京五輪招致疑惑でフランス司法当局の捜査対象となっている日本オリンピック委員会(JOC)の竹田恒和会長(71)が、退任の意向を関係者に伝えたことが十六日、分かった。十九日にもJOC理事会で進退を表明する方向で調整が進んでいる。五輪を開催する国内オリンピック委員会のトップが、開幕まで五百日を切った中で退く事態となれば大会への影響が懸念される。

 竹田氏は一貫して潔白を主張しているが、招致疑惑問題の東京大会への影響を強く憂慮する国内外の声に、退任が不可避な情勢となっていた。関係者は「辞めたいと言っている」と語った。

 焦点は退任の時期となるが、周囲には六月の任期満了までとする意見や、判断を迷っているとの見方もあり、対応が注目される。後任には有力候補として柔道五輪金メダリストの山下泰裕・JOC選手強化本部長が挙がっている。

 〇一年にJOC会長に就任した竹田氏は現在十期目。当初は六、七月の役員改選で再選が有力視されていた。しかし、フランス当局が贈賄容疑で予審判事による捜査を開始したことが、一月に表面化。記者会見で疑惑を改めて全面否定したが、トップとして混乱を招いた責任を問う声が強まっていた。

 竹田氏が当時理事長を務めていた東京の招致委員会が、シンガポールのコンサルタント会社に送金した二億円超の一部が、開催都市決定の投票権を持つIOC委員の買収に使われた疑いが持たれている。

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報