東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > スポーツ > 紙面から > 3月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【スポーツ】

男子・東京/女子・日本生命が初代V Tリーグ

神奈川−日本生命第5試合で神奈川の袁雪嬌を破った日本生命の早田ひな

写真

 新リーグ「Tリーグ」のファイナルが17日、東京・両国国技館で行われ、男子はレギュラーシーズン1位の東京が同2位の岡山を3−1で退け、初代王者となった。女子は2位の日本生命が1位の神奈川を3−2で破って優勝した。

 東京は第1試合のダブルスは落としたが、以降のシングルスで水谷、張本らが勝利した。日本生命は2−2で迎えた1ゲーム先取の第5試合で早田が袁雪嬌(中国)を11−7で下した。

 今季の最優秀選手(MVP)には男子が水谷、女子は早田が輝いた。

 昨年10月にスタートしたTリーグは男女各4チームで構成され、レギュラーシーズンは7回戦総当たりで実施。上位2チームがファイナルで頂点を争った。

表彰式で優勝シャーレを掲げ喜ぶ東京の(左から)張本智和、水谷隼、大島祐哉=両国国技館で

写真

◆東京 2人のエースが勝負決めた

 勝利を決め、手招きする張本の元へ水谷がベンチから駆け寄り、抱き合う。チームメートも続々と加わり、歓喜の輪ができた。「最高に気持ちいい。いいパフォーマンスができて感無量」。水谷が優勝シャーレを高々と掲げた。

 MVPに輝いた水谷、男子シングルスで最多の17勝を挙げた張本。レギュラーシーズン首位の原動力になった2人が、一発勝負のファイナルでも勝負強さを発揮した。第3試合は水谷が得意のサーブから常に先手を取ってストレート勝ち。王手をかけた第4試合は、張本が「自分で決めたい思いはすごくあった。どんな形でも勝とうと思った」と、粘る森薗を振り切った。

 2人のエースに加え、2017年世界選手権男子ダブルス銀メダルの大島ら日本代表クラスがそろい、開幕前から優勝候補の筆頭に挙げられていた。シーズン中盤以降には連敗を喫し、一時は2位に陥落したが、中国出身の侯英超を補強。後半戦にかけてさらに選手層の厚みを増した。

 韓国や台湾の主力級の選手も参戦した1年目のTリーグ。水谷は「どのチームも本当に強く、どこが優勝してもおかしくなかった」と振り返る。それでも「周りに期待される中で、プレッシャーに打ち勝てたのは良かった」と誇らしげな表情を浮かべた。 (磯部旭弘)

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報