東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > スポーツ > 紙面から > 3月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【スポーツ】

羽生、実戦復帰へ着々 本番会場で初練習 フィギュア・世界選手権あす開幕

調整する羽生結弦=さいたまスーパーアリーナで

写真

 20日に開幕するフィギュアスケートの世界選手権は19日、さいたまスーパーアリーナで公式練習が行われ、男子は右足首の故障明けで約4カ月ぶりの実戦となる冬季五輪2連覇の羽生結弦(ANA)が初練習した。3種類の4回転ジャンプを決めて復調ぶりをアピールし、記者会見で「胸を張って100パーセントと言える状態。勝ちきれるような演技をすることが一番の目標」と意気込みを語った。

 羽生は昨年11月のロシア杯以来の復帰戦に向け、本番会場でループ、サルコー、トーループの4回転を成功。4回転トーループ−トリプルアクセル(3回転半ジャンプ)の高難度の2連続ジャンプも着氷し、ファンの歓声を浴びた。

 2月の四大陸選手権王者の宇野昌磨(トヨタ自動車)や田中刑事(倉敷芸術科学大大学院)もジャンプを入念に跳んで感触を確かめた。宇野は「結果を求めて試合に挑みたい」と初の世界一に意欲をのぞかせ、田中は「四大陸選手権で良かった感覚をつなげられるような演技をしたい」と話した。

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報