東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > スポーツ > 紙面から > 3月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【スポーツ】

竹田会長 6月退任 JOC後任 山下氏有力

JOC理事会後、取材に応じる竹田恒和会長=19日午後5時13分、東京都渋谷区で(坂本亜由理撮影)

写真

 二〇二〇年東京五輪の招致疑惑を巡り、フランス司法当局の捜査対象となっている日本オリンピック委員会(JOC)の竹田恒和(つねかず)会長(71)が十九日、東京都内で行われたJOC理事会で、任期満了となる六月限りで退任する意向を表明した。JOCの会長職と理事を退き、国際オリンピック委員会(IOC)委員も退く。

 竹田氏は「世間をお騒がせしたことを大変心苦しく思っている。JOCの将来を思うと、次代を担う若いリーダーに託し、新しい時代を切り開いてもらうことが最もふさわしいことだと考えた」と述べた。疑惑については「不正なことはしていない。潔白をしっかり証明するよう今後も努力する」と主張。退任の決断との関連は言及を避けた。

 〇一年にJOC会長に就いた竹田氏は現在十期目。大会組織委員会の副会長などの要職も務めている。当初は「選任時七十歳未満」としている役員の定年規定に一部除外を明文化し、六、七月の役員改選で再選の見通しだった。しかしフランス司法当局が贈賄容疑で正式捜査を開始したことが一月に表面化。竹田氏は記者会見で疑惑を否定したが、東京五輪への影響を憂慮する声が国内外で高まり、退任が避けられない情勢となっていた。

 後任候補には、ロサンゼルス五輪柔道金メダルの山下泰裕JOC選手強化本部長(61)らの名前が挙がっている。六月二十七日の評議員会で新役員を選び、七月四日の理事会で互選により新会長が決まる予定。

 竹田氏は馬術で五輪二大会に出場。明治天皇の孫の父恒徳(つねよし)氏もJOCのトップを務めた。東京五輪に関し、当時理事長を務めていた招致委員会がシンガポールのコンサルタント会社に送金した二億円超の一部が、開催都市決定の投票権を持つIOC委員の買収に使われた疑いが持たれている。

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報