東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > スポーツ > 紙面から > 3月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【スポーツ】

JOC竹田会長退任先送り、疑問の声 3カ月「機能せず」

 六月の任期満了での退任を十九日に表明した日本オリンピック委員会(JOC)の竹田恒和(つねかず)会長が即座に辞任せず、退任時期を先送りした判断を疑問視する声が外部から相次いでいる。竹田氏は「職務を全うすることが私の責任」と強調したが、二〇二〇年東京五輪招致疑惑でフランス司法当局から捜査を受け、活動範囲は限られる。大会関係者は「レームダック(死に体)になる」と指摘。別の関係者も「六月までどう過ごすのか」と今後三カ月の行方を案じた。

 国際オリンピック委員会(IOC)側は大会のイメージ悪化を強く懸念し、早期の幕引きのためにも即交代が望ましいとの意見だった。一方の竹田氏側は任期満了前の辞任は疑惑を認めたかのようなメッセージを発信しかねないと主張。「任期満了」にこだわった。

 しかし、竹田氏は既にこの問題で国際会議を相次いで欠席するなど活動に支障が出ている。国外での身柄拘束を懸念しているとの見方もある。

 東京五輪の組織委員会や国のスポーツ関連会議でも積極的な活動は難しくなりそうで「機能しないNOC(国内オリンピック委員会)の会長が居続けるというのは、どう考えてもおかしい」との厳しい意見も出ている。

 大会関係者は、身内を守ろうとするJOCの姿勢が竹田氏の判断を鈍らせているとし「(職務継続で)批判が高まり、結果的に六月前に辞めざるを得なくなることを懸念する」と指摘した。

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報