東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > スポーツ > 紙面から > 3月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【スポーツ】

偉大な背中、追い続ける 日本人大リーガー感謝

会見を終え、手を振って会場を後にするマリナーズのイチロー選手=22日未明、東京都文京区で

写真

 【テンピ(米アリゾナ州)=共同】米大リーグ、マリナーズのイチロー外野手が現役引退を表明したことを受け、日本人大リーガーから二十一日、惜しむ声が上がった。

 エンゼルスの大谷翔平選手は昨季のキャンプでメジャーへの適応に苦しんだ。親子ほど年の離れたイチロー選手に助言を求め「教えていただいてすごく勉強になった」と自信を深めた。投手と打者で対戦機会は訪れなかったが「昔から見てきた選手像を目標にしてやる」と、偉大な背中を追い続ける考えを示した。

 カブスのダルビッシュ有投手は初対戦で内角高めの厳しい球を左前へ打ち返された。「打ち取ったと思った。こうやってヒットになっている投手が結構いるんだろうな」と、安打製造器ぶりを振り返る。

 ヤンキースの田中将大投手は小学生の頃に地元の兵庫県でプレーを見たという。「一緒のチームでプレーしたり、メジャーの舞台で本気で対戦できたり、今でも思い出に残っている」と話した。

 ドジャースの前田健太投手はランドセルにシールを貼っていたという。メジャーで対戦し「長く現役でいてくれたおかげで夢がかなった」としみじみ。ダイヤモンドバックスの平野佳寿投手は「勇気と希望を与えてくれた方」と、同じオリックス出身の先輩に感謝を述べた。カブスの田沢純一投手は同じユニホームを着たマーリンズ時代を「一緒にいたのは夢のような時間」とした。

◆試合の視聴率12.6%

 イチロー選手が出場した二十一日夜のアスレチックス戦を中継した日本テレビ系番組の平均視聴率が、関東地区で12・6%だったことが二十二日、ビデオリサーチの調べで分かった。関西地区は12・9%だった。

◆錦織選手「寂しい」

 【マイアミ=共同】男子テニスの錦織圭選手は21日、米マイアミで行われているマイアミ・オープンの会場で練習後に取材に応じ、米大リーグ、マリナーズのイチロー外野手が現役引退を表明したことについて「びっくりした。競技は違うが、本当にみんなが目指す人だった。そういう人がやめていくのは寂しい」と残念がった。

 イチロー選手の妻弓子さんは同じ松江市の出身とあって「小学生の頃から(弓子さんの)実家の前を通るたびにイチローさんの家だって思っていた」と話し、つながりを感じていた。

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報