東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > スポーツ > 紙面から > 3月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【スポーツ】

球児の春 平成最後の甲子園

開会式で入場行進する(手前から)桐蔭学園、横浜、国士舘ナイン=甲子園球場で(伊藤遼撮影)

写真

 第九十一回選抜高校野球大会は二十三日、兵庫県西宮市の甲子園球場で開幕し、平成最後の甲子園大会王者を狙う三十二校による熱戦がスタートした。

 「平成時代を象徴する曲」として選ばれた、シンガー・ソングライターの槙原敬之さんが作詞・作曲した「世界に一つだけの花」と「どんなときも。」に合わせて、前回大会優勝の大阪桐蔭の中野波来主将らを先頭に、前回大会準優勝の智弁和歌山が続き、出場校が南から北の順に行進した。

 広陵(広島)の秋山功太郎主将が「平成最後の甲子園を最後まで諦めず、正々堂々戦い抜きます」と選手宣誓した。

 大会は十二日間の日程で、順調に試合が消化されれば、四月三日に決勝が行われる。

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報