東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > スポーツ > 紙面から > 3月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【スポーツ】

「武士道精神重んじ精進」 大関貴景勝、誕生

大関昇進の伝達を受けた貴景勝。両端は千賀ノ浦親方夫妻=大阪市内のホテルで(黒田淳一撮影)

写真

 日本相撲協会は二十七日午前、大阪市内で大相撲夏場所(五月十二日初日・両国国技館)の番付編成会議と臨時理事会を開き、関脇貴景勝(22)=本名佐藤貴信、兵庫県出身、千賀ノ浦部屋=の大関昇進を、理事会での満場一致で正式に決めた。平成で最後の新大関誕生となる。

 協会は使者として出羽海理事(元幕内小城ノ花)と西岩審判委員(元関脇若の里)を大阪市内のホテルへ派遣し、昇進を伝達した。貴景勝は「武士道精神を重んじ、感謝の気持ちと思いやりを忘れず相撲道に精進してまいります」と口上を述べた。

 新大関の誕生は二〇一八年夏場所後の栃ノ心以来。二十二歳七カ月での昇進は、年六場所制となった一九五八年以降では九位の若さ。初土俵から所要二十八場所は同年以降で六位のスピード出世(幕下付け出しは除く)となった。平成生まれの大関は照ノ富士、高安に続いて三人目。兵庫県出身では昭和以降で四人目、千賀ノ浦部屋からは初の大関誕生。夏場所は二横綱三大関となる。

 貴景勝は身長一七五センチと小柄な体を生かした低い姿勢からの突き押しを武器に順調に出世。昨年十一月の九州場所で13勝を挙げて初優勝し、続く初場所で11勝、春場所で10勝。直前三場所の合計で34勝とし、昇進の目安とされる33勝を上回った。

 <貴景勝 光信(たかけいしょう・みつのぶ=本名佐藤貴信)>兵庫県芦屋市出身、千賀ノ浦部屋。兵庫・報徳学園中時代に中学横綱、埼玉栄高3年の14年に世界ジュニア選手権無差別級優勝。同年秋場所に貴乃花部屋から初土俵。17年初場所新入幕。18年初場所新小結。同年10月に貴乃花親方(元横綱)の日本相撲協会退職により移籍し、九州場所で初優勝。今年初場所新関脇。優勝1回、殊勲賞3回、敢闘賞2回、技能賞2回。得意は突き、押し。175センチ、169キロ。22歳。

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報