東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > スポーツ > 紙面から > 3月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【スポーツ】

<センバツ高校野球>啓新、のびのび初勝利 ミスは怒らず 明るく楽しく

桐蔭学園を破って2回戦進出を決め、喜ぶ浦松(左から2人目)ら啓新ナイン=甲子園で

写真

◇啓新5−3桐蔭学園

 啓新が継投で逃げ切った。一回に穴水と竹原の連続適時打で2点を先制し、二回に安積の適時打で加点。六回に1点を追加し、4−3の九回は浜中が貴重なタイムリーを放った。先発の安積は要所を締めて7回3失点。2番手浦松が2回を完璧に封じた。

 桐蔭学園は中盤以降の好機をなかなか生かせず、粘りの投球を見せた伊礼を援護できなかった。

      ◇

 創部してまだ7年目の甲子園初出場校には、プロ野球のような絶対的リリーフがいる。啓新の背番号10、浦松。秋の公式戦全9試合に救援して自責点0。関東王者を相手に、エース安積が七回の窮地をしのいだ瞬間、歓喜の白星が決定づけられた。

 共に寮生活で仲が良く、互いを高め合う存在。安積が「自分より強いハートを持っていて憧れる」と明かせば、浦松は「自分にない制球や技術がある」と持ち上げる。

 勝利のバトンを渡すための最後の関門は、1点差に追い詰められてなお、1死一塁の七回。4番打者を迎えた。この試合、変化球の打ち損じが目立っていた。初球、外角へのスライダー。「低く意識し腕を振った」と安積。引っかけさせた打球は三塁へ転がり、併殺に仕留めた。

 満を持して、八回から浦松がマウンドへ。「自分のボールを投げることだけを考えて」。安積からの言葉は簡潔だった。

 しびれるような場面になぜ強いのか。浦松は「びびったらだめ。自信の真っすぐで攻めるという気持ちの面が大事」と明かす。大舞台でもそれは変わらない。右横手から、打者の内角をえぐった。驚くほどの球速はないが、思い切りの良さで相手を圧倒した。

 初回に2点を先制したが、その後は失策に加え、走塁など記録に残らないミスが頻発した。ひっくり返されてもおかしくない悪い流れだった。

 だがベンチは予想外に明るい。「ミスは怒らない。とにかく明るく楽しく」と植松監督。萎縮することなく、のびのびプレーし続けた。そんな雰囲気づくりも、勝利を呼び込むのに一役買った。 (多園尚樹)

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報