東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > スポーツ > 紙面から > 3月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【スポーツ】

<センバツ高校野球>習志野、粘って勝ち越し

7回表、2死二塁で三ゴロを放つ習志野の角田。三塁手の失策を誘い二走が生還。投手・星稜の奥川=甲子園で

写真

◇習志野3−1星稜

 習志野が少ない好機を生かした。0−1の四回に竹縄の右前打で同点。七回2死二塁で、角田の三塁線への打球が失策を誘って勝ち越し、九回に兼子の本塁打で加点した。飯塚が二回途中から好救援。コーナーを突き、3安打に抑えて反撃を封じた。星稜は奥川が7安打、10奪三振で完投したが、要所で球が甘くなった。打線は2併殺などつながりを欠いた。

    ◇

 第1打席は3球三振だった。習志野の1番角田はさらに続けて3打席連続三振。「実力が格段に劣っている」とまで感じたが、大会ナンバーワン投手と呼ばれる星稜の奥川から4度目の打席では痛烈な当たりを放った。「構えを少し低くしたら対応できた」。何とかしようと粘る姿勢が敵失を誘い、値千金の決勝点を生んだ。

 七回2死二塁。追い込まれてからの4球目が分かれ目だった。ボールに逃げる外角のスライダー。体が突っ込んだが、踏みとどまった。前の打席は同じ球で空振り三振。「今度は本当に食らいついて、追い掛けようと思った」。苦手な外角球。姿勢を下げた分だけぎりぎりまで球を見極められ、こらえられた。

 次も外のスライダー。ただストライクゾーンに来た。好投手の勝負球を「今度は甘い」と思えた。前向きな気持ちを乗せた打球。三塁手の前でバウンドが変わる幸運も引き寄せて左翼線に転がった。

 奥川対策として、小林監督はコンパクトなスイングを指示していた。ただ「ヒットが打てたこともまさかだし、勝ててしまったこともまさか」。4番高橋雅は一回に高めの直球を2球空振りして三振。四回は追い込まれてからステップを小さくした。今度は高め直球を左前にはじき返して先制点につなげ「投手に対して各個人の判断で対応できた」と胸を張る。

 「どうにか食らいついていこうという気持ちが、ボールを落としてくれたのかなという打球ばかりだった」と小林監督。粘れば何かが起きる。チームに大きな勢いを生みそうな1勝だ。 (海老名徳馬)

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報