東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > スポーツ > 紙面から > 3月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【スポーツ】

<センバツ高校野球>星稜監督、高野連に謝罪 「サイン盗み」疑い抗議

 2回戦で敗れた星稜(石川)の林和成監督が対戦相手だった習志野(千葉)のサイン盗みを疑い、試合後に抗議したことについて、林監督は29日、日本高野連に「私の行き過ぎた言動と行動で多大なご迷惑をお掛けした」と謝罪した。

 習志野の小林徹監督は「そういった事実はない。(サイン盗みがあれば)審判から指摘をいただくと思う。(審判団から注意が)なかったことが全て」と疑惑を否定。試合後に小林監督が「星稜も(サイン盗みを)している」と発言したとの林監督の主張も否定し「(林監督が)話しているのを私が聞いている状況で、それに対して対応はしていない」と反論した。

 日本高野連は星稜の林監督に口頭での注意を行い、同連盟の竹中雅彦事務局長は「基本的には、これで収束したという認識だ」と述べた。

 大会規則では、走者などが捕手のサインを見て打者に球種などを伝える行為を禁止している。罰則規定はない。

 星稜側は28日の試合で、二塁走者が打者に球種を伝達している疑いがあることを、捕手を通じて球審に伝えた。4人の審判団が集まって協議し、そうした行為はなかったとしたが、試合後に林監督が小林監督に「フェアじゃない」と抗議する異例の事態となった。

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報