東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > スポーツ > 紙面から > 4月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【スポーツ】

丸、ミスターに高ぶった 初球とらえて右翼席へ

5回巨人無死、1号ソロを放ち、岡本(左)に迎えられる丸=東京ドームで

写真

◇巨人9−3阪神

 12安打9得点の巨人が3連勝。丸が一回に先制二塁打を放ち、五回は移籍後初本塁打となるソロ、六回は犠飛と計3打点を挙げた。援護に恵まれた山口が7回3失点で勝ち星。阪神はガルシアが誤算で、制球が甘く4回7失点と崩れた。

 ◇ 

 長嶋元監督が久々に来場した本拠地開幕戦。広島から巨人に加入した丸は「当然、気が引き締まった。勝ちたかった」との意気込みを快打につなげる。移籍後初アーチを含む2長打3打点の活躍で3連勝に貢献し「勝ったことが一番」とひと息ついた。

 待望の一発は7−0の五回、先頭打者として代わった馬場の初球スライダーを高々と右翼席へ運んだ。「初球を一発で仕留められて良かった」。大歓声が響く中、一塁ベンチではチームメートが両手で頭上に丸印をつくって歓迎。本人も笑顔を浮かべて両手で輪っかをつくって応じた。

 一回は無死一、二塁で先制二塁打。難敵ガルシアのスライダーを強振した打球は一塁手の横を抜けて右翼線へ。六回は1死満塁できっちりと左に打ち上げて犠飛とした。

 両親が巨人ファンで、特に父が「ミスター」の大ファンだった。フリーエージェント宣言したオフ、長嶋元監督が記した手紙をもらい、巨人行きを決断する大きな要因の一つになった。リハビリに励む中で球場に訪れた姿に「それだけ野球に対して情熱のある方。長嶋さんに負けないように持ち続けたい」と力をもらっていた。

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報