東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > スポーツ > 紙面から > 4月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【スポーツ】

リオ銀・原沢、2度目V 全日本体重別

女子78キロ超級決勝朝比奈沙羅(下)を破り優勝した素根輝=福岡国際センターで

写真

 世界選手権東京大会(8月25日〜9月1日・日本武道館)代表最終選考会を兼ねた全日本選抜体重別選手権第1日は6日、福岡国際センターで男女計7階級が行われ、男子100キロ超級は2016年リオデジャネイロ五輪銀メダルの原沢久喜(百五銀行)が決勝で佐藤和哉(日本製鉄)を延長戦で指導3を奪って退け、3年ぶり2度目の優勝を果たした。

 女子で78キロ超級は18歳の素根輝(環太平洋大)が決勝で昨年の世界女王の朝比奈沙羅(パーク24)を延長の末に優勢勝ちし、3連覇を達成した。63キロ級は昨年世界選手権2位の田代未来(コマツ)が決勝で鍋倉那美(三井住友海上)を下し、4年ぶり2度目の優勝。

 男子で90キロ級は向翔一郎(ALSOK)が2年ぶり2度目の頂点。リオ五輪金メダルのベイカー茉秋(日本中央競馬会)は準決勝で敗れた。100キロ級はリオ五輪3位の羽賀龍之介(旭化成)が初優勝。女子70キロ級は昨年世界選手権3位の大野陽子(コマツ)、78キロ級は昨年世界一の浜田尚里(自衛隊)が制した。

 7日の最終日終了後、最重量級を除く男女各6階級の世界選手権代表が決まる。

◆素根 小よく大を制す 女子78キロ超級

 女子78キロ超級では小柄な身長162センチ。決勝は試合が進むにつれ、素根の勇姿が175センチの朝比奈より大きく見えてくる。延長に入り、小外刈り、背負い投げと怒濤(どとう)の攻撃。8分55秒。最後は相手が技を掛けてきたところを小外刈り。小よく大を制した。「世界選手権と五輪が懸かる大事な試合で勝ちきって優勝できた。すごく自信になった」。10代選手の3連覇は24年ぶりの快挙だった。

 練習量に裏付けされたスタミナで尻上がりに調子を上げていく。今春に環太平洋大に入学し、大学の練習と並行して、近くの男子高校生を相手に乱取り。家に帰ってもトレーニングをこなす。「だから長い試合は苦にならない」と、さらりと言ってのける。

 18歳。若さと勢いだけでなく、冷静さも身につけた。「これまで試合中は焦っていた。でも、(朝比奈の)足元がふらついて、不用意に技を掛けてきたのが分かった」。その瞬間を見逃さなかった。

 世界選手権(東京)の代表争いでは昨年の世界女王、朝比奈を追い掛けてきた。対戦成績は3連敗の後、4連勝。女子の増地克之監督は「これまでも差がなかったが、今回でさらに詰まった」。もう並走と言っていいだろう。

 最終選考会は21日の全日本女子選手権。「直接対決で勝つことがアピールになる。次も勝ちきって、代表を狙う」。素根に自信がみなぎる。 (森合正範)

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報