東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > スポーツ > 紙面から > 4月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【スポーツ】

競泳世界選手権 渡辺、通過点のV 200平で

男子200メートル平泳ぎで初優勝した渡辺一平=東京辰巳国際水泳場で

写真

 世界選手権(7月・韓国)代表選考会を兼ねた日本選手権第6日は7日、東京辰巳国際水泳場で行われ、男子200メートル平泳ぎは渡辺一平(トヨタ自動車)が2分7秒02で初優勝した。2分8秒57で2位の小日向一輝(セントラルスポーツ)とともに、派遣標準記録を突破して代表に決まった。小関也朱篤(ミキハウス)は3位だった。

 男子200メートル背泳ぎは入江陵介(イトマン東進)が1分55秒79で2年連続12度目の優勝。2位の砂間敬太(イトマン東進)とともに派遣標準をクリアし代表となった。

 男子50メートル自由形は準決勝で塩浦慎理(イトマン東進)が21秒67の日本新記録。中村克(イトマン東進)が昨年出した21秒87を塗り替えた。

 女子200メートル平泳ぎは渡部香生子(JSS)が2分24秒28で4年ぶり3度目の優勝。

 同800メートル自由形は16歳の難波実夢(MGニッシン)が8分30秒62で勝ち、400メートル自由形との2冠を達成したが、ともに派遣標準に届かなかった。

◆最後に失速 世界新ならず

 男子200メートル平泳ぎ決勝。自らの世界記録を0秒59も上回り、渡辺が150メートルをターンした。地響きのような大歓声が湧き起こる。会場内の期待が高まった瞬間を、「まったく体が動かなかった」と苦笑しながら振り返る。記録更新はお預けとなった。100メートル決勝で自己ベストを更新しており、調子の良さに自信を深めて臨んだ。スタート直後の浮き上がりでキックが空中を蹴るミスが出たが、落ち着いていた。最初の50メートルの通過から終始、世界新記録ペース。強化してきたキックは水のかかりが良く、ぐんぐん進んだ。結果的には、150メートルまでをもう少し抑えていれば最後を耐えられ、記録に届いたのではないか。だが、渡辺は首を振る。「ちょっとの記録更新は狙ってない。大幅に過去の自分を超えたいと思っているので」

 大幅更新へ、150メートルまでの速さを課題に掲げ、高地合宿を敢行してきた。思い描くタイムで最後の50メートルを迎えた。失速してしまったが、「課題が明確になったので、大きな収穫」と前向きに捉える。東京五輪の代表権がかかる今夏の世界選手権。世界記録を更新しない限り、優勝には届かないと踏んでいる。この日のラップを維持したまま、どうやって最後の失速を食い止めるか。新たな課題と向き合い、夏に挑む。 (多園尚樹)

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報