東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > スポーツ > 紙面から > 4月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【スポーツ】

福田逆転弾 中日、粘り勝ち

6回中日2死一塁、福田は左越え2点本塁打を放つ=ナゴヤドームで

写真

◇中日3−2巨人

 中日は1−2の六回、福田の2号2ランで逆転した。新外国人ロメロが6回2失点で2連勝。又吉、田島とつなぎ、九回を締めた鈴木博が4セーブ目。岡本が2打点の巨人は3併殺を喫した拙攻が響き、メルセデスも初黒星となった。

 ◇ 

 最も欲しかった一発が最も欲しい場面で出た。1点を追う六回、2死一塁で迎えた福田の第3打席。高めの球に狙いを絞り、振り抜いた。打球は左翼席へ一直線。「入ると思わなかったが、強く振った分届いてくれた」。値千金の逆転弾に自身もベンチも歓喜に沸いた。

 狙いを決めたのは理由がある。四回の第2打席。低めの直球をとらえたはずだった。遊撃手を強襲し、左前打になったが、思ったほど打球が上がらなかった。「低めを打つとどうしてもゴロになる」と判断した。

 打線もメルセデスの制球力に手を焼いた。五回までに飛球のアウトはわずか一つ。動きながら低めぎりぎりに決まる球にゴロの山を築いた。左腕攻略の糸口。球数が80を超え、疲れの色が見え始める中盤。「高めの球が来ないということはない。何とか対応しようと思った」と、時折浮いてくる球に勝負を懸けた。

 同じような接戦になった9日。1点を追う七回、福田は1死二塁から代打で出場し、空振り三振に倒れた。「自分の準備ができていなかった。悔しくて寝られなかった」。終盤にあと一本が出ずチームは敗れた。

 巡ってきた3試合ぶりの先発出場。「毎日、先発のつもりで準備している」。常に午前中から球場に入り、素振りなどの練習を怠らない。その努力が実を結んだ。与田監督も「みんなが試合に出たいという思いの中で成果が出ている。起用した選手が期待に応えてくれる」と目を細めた。

 (荒木正親)

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報