東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > スポーツ > 紙面から > 4月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【スポーツ】

広島4連敗 3連戦計31失点

2回、ヤクルト・太田への押し出し四球で追加点を許し、降板を告げられる広島・岡田(左)

写真

◇ヤクルト6−2広島

 広島は序盤の失点が重く、今季初の4連敗を喫した。岡田が押し出しを含む6四球を与え、1回0/3を6失点で降板。自滅した格好となり、緒方監督は「見たまんま。あの状態では投げさせられない」と厳しい口調だった。試合後に2軍降格が決まり、岡田は「思ったところに投げられず、引きずってしまった。立ち直れなかった」と肩を落とした。

 チームはこの3連戦で計31失点。昨季までのような守備の安定感を取り戻せないまま、12日からは敵地で強打のDeNAと顔を合わせる。緒方監督は「とにかく立て直せるように、しっかりやるだけ」と復調を期した。

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報