東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > スポーツ > 紙面から > 4月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【スポーツ】

ヤクルト・寺原、移籍後 初勝利 ヤクルト単独首位浮上

広島戦に先発したヤクルト・寺原=マツダで

写真

◇ヤクルト6−2広島

 ヤクルトが3連勝で単独首位に立った。一回にバレンティンの適時打などで2点を先制。二回に二つの押し出し四球などで4点を加えた。寺原が六回途中2失点と試合をつくり2年ぶりで移籍後初勝利。広島は今季初の4連敗を喫した。

 ◇ 

 ヤクルトの寺原が六回途中まで2失点と試合をつくり、2年ぶりで移籍後初となる勝利を手にした。チームはこれで3連勝として単独首位に浮上。「すごくうれしい。一つ勝ちが付いてほっとしている」と笑みを浮かべた。

 調子自体は「良くなかった」と言う。序盤は速球の制球がいまひとつでボールが先行。二回2死一、二塁とピンチを招いたが、小窪を軸となったスライダーで遊ゴロに打ち取った。左打者へはフォークボールを効果的に使ってゴロを打たせ「中村がうまくリードしてくれて、いいところを引き出してくれた」とうなずいた。

 昨季限りでソフトバンクを戦力外となり、ヤクルトが4球団目。“復活”を期してキャンプからアピールを続け、開幕ローテーションに入り、白星も手にした。「戦力外になった時は(この勝利は)想像できなかった」と感慨に浸った。

 チームがマツダスタジアムで3連戦3連勝するのは2012年9月以来、実に7年ぶり。昨季は6勝19敗と大きく負け越した広島に立ちはだかった35歳のベテランは「まだまだこれから。もっといい投球をしたい」と言葉に力を込めた。

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報