東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > スポーツ > 紙面から > 4月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【スポーツ】

期待の若武者大記録迫る!! 笠原、5回まで被安打0

先発し阪神打線相手に力投する中日・笠原=甲子園で

写真

◇中日9−4阪神

 中日が今季初の連勝となった。ビシエドは四回と六回にそれぞれ2ランを放ち、計4打点。笠原は6回2安打1失点で今季初勝利を挙げた。阪神はメッセンジャーが6回6失点と崩れ、打線の追い上げも届かず3連敗となった。

   今季3度目の登板となる中日の笠原が、敵地甲子園で淡々とアウトを重ねた。五回まで無安打に封じ、6回2安打1失点で今シーズン初勝利。阪神応援団のため息を誘う好投に「直球が良く、ちゃんとストライクが入った。ノーヒットノーランは意識せず、自分のピッチングだけしようと思った」と話した。

 序盤は直球やカットボール、得意のチェンジアップで打たせて取った。三〜五回は毎回四球を与えたが、三回は併殺に打ち取るなど冷静に対処。代打の上本らに連打を浴びた六回も、うまくゴロを打たせ1失点にとどめた。

 5日のヤクルト戦は3回4安打3失点。5四球と課題である制球を乱し「投げよう投げようとして突っ込んだ球があったので、キャッチボールから意識して突っ込まないようにした」と反省点を意識して臨んだ。

 開幕投手を務めたプロ3年目。首脳陣から大きな期待を受ける左投手は「無駄なボールをなくしていきたい」と慢心することはなかった。

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報