東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > スポーツ > 紙面から > 4月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【スポーツ】

攻撃的2番 坂本勇決勝弾 天敵小川撃破 G首位浮上

3回、勝ち越しソロを放ちナインの祝福に笑顔を見せる巨人・坂本勇=東京ドームで

写真

◇巨人6−1ヤクルト

 巨人が首位に浮上した。1−1の三回に坂本勇のソロで勝ち越し、四回には亀井のソロで1点、五回には代打阿部の2点二塁打などで3点を加えた。菅野は7回1失点で2勝目。ヤクルトは連勝が3で止まり2位に転落した。

 ◇ 

 両手に残る感触がよほど気持ち良かったのだろう。打球の行方にちらりと目をやってから、巨人の坂本勇が悠々と走りだした。「しっかり一振りで仕留めることができた」と、特大の勝ち越しソロでファンを沸かせた。

 1−1の三回だった。2ボールからの3球目、ヤクルトの先発小川のカットボールが吸い込まれるように真ん中へ入る。明らかな失投を、開幕から好調を維持する坂本勇が見逃すはずもない。打球は左翼席の奥深くへ。「完璧でした」と充実感を漂わせた。

 今季は慣れ親しんだ1番や3番でなく、開幕から2番での起用が続く。求められているのは一打で好機を広げたり、試合を決めたりすることのできる攻撃的な2番。五回には左翼フェンス直撃の適時二塁打を放つなど、ここまで打率4割超と難なく適応している。「見ていない間に、はるかにパワフルになっている」。4年ぶりに復帰した原監督も目を細める。

 チームは2016年4月から8連敗を喫していた小川に土をつけ、首位に返り咲いた。「今年初めての対戦で攻略できたのはすごくいいこと」と坂本勇。長いシーズンを戦う上で、大きな意味を持つ1勝となりそうだ。 (中川耕平)

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報