東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > スポーツ > 紙面から > 4月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【スポーツ】

猛打の竜、3年ぶり貯金 京田&堂上が満塁弾競演

4回無死、右越えに満塁本塁打を放つ中日の京田=甲子園で

写真

◇中日10−2阪神

 中日が2本の満塁本塁打など今季最多17安打の猛攻で今シーズン初の3連勝。3年ぶりに貯金1とした。四回は京田が右越え、八回は堂上が左越えに一発を放った。柳は7回2失点で2勝目。阪神は岩貞が5回6失点と崩れ、4連敗。

     ◇

 4点リードで3年ぶりの勝ち越しが見えてきた八回、堂上が数少ない中日ファンが陣取る左翼に向かって祝砲を放った。「2ボールだったので直球に絞って思いっきり打った」と岩崎の135キロを振り抜いた。チーム2本目の満塁本塁打。球団としては24年ぶり3度目の快挙だ。

 生還を出迎える走者の中には、1本目を放った京田の姿もあった。こちらは四回、3連打で巡ってきた絶好機をものにした。「チャンスだったし、前の打席で初球を見逃していたので積極的に行こうと思っていた」。先発岩貞の内角低めのスライダーを右翼席に運び、人生初という一発に口元を緩めた。

 この日は二遊間でそろってフル出場したが、春季キャンプから2人で遊撃の定位置を争ってきた。途中までは昨季、全試合に出場した京田がリード。ところがオープン戦の終盤、淡泊な打撃や守備のミスが目立った。迎えた開幕戦。遊撃で先発したのは堂上だった。

 3戦目でようやく先発した背番号1は、危機感を持っていた。4日の広島戦で堂上より先に本塁打を放つなど、目に見えて調子を上げている。打率はチームトップの3割4分7厘。それでも「レギュラーではないので、一日一日が勝負」とおごることはない。

 一方、かつて背番号1をつけた堂上も「競争している立場なので毎日しっかり準備して頑張るだけ」と大仕事にも表情は引き締まったままだ。

 村上打撃コーチは「重圧がかかっているだろうけれど、出たときに自分の仕事をしっかりできている」と切磋琢磨(せっさたくま)が続くことを歓迎する。チームは実に1046日ぶりに白星が先行した。スローガンにもある「昇竜復活」への節目の勝利が、浮上のキーワード「競争」によってもたらされた。 (山内晴信)

8回2死、左越えに満塁本塁打を放つ中日の堂上

写真
 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報