東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > スポーツ > 紙面から > 4月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【スポーツ】

メッシ2得点、4強に導く バルサなど進出 サッカー・欧州チャンピオンズリーグ

マンチェスター・ユナイテッド戦で先制点を挙げるバルセロナのメッシ=バルセロナで(ロイター・共同)

写真

 【バルセロナ=共同】欧州チャンピオンズリーグ(CL)は16日、バルセロナなどでホームアンドアウェー方式の準々決勝第2戦が行われ、4季ぶり6度目の優勝を狙うバルセロナ(スペイン)と過去4度優勝のアヤックス(オランダ)が準決勝に進んだ。

 バルセロナはメッシが2得点と活躍し、ホームでマンチェスター・ユナイテッド(イングランド)に3−0と快勝。2戦合計4−0で優勝した2014〜15年シーズン以来の4強入りを果たした。

 アヤックスは敵地でユベントス(イタリア)に2−1で逆転勝ちし、2戦合計3−2で1996〜97年以来、22季ぶりにベスト4入りした。ユベントスはロナルドが先制したが、2季連続でベスト8で敗退した。

◆千両役者、切れ味抜群

 約9万7000人の大観衆で埋まったバルセロナの本拠地カンプノウが、メッシ劇場と化した。優勝した2015年以来、4季ぶりの4強に導く2得点の活躍に、自ら「見事(な試合)だった」。千両役者の切れ味抜群のプレーに、ファンは酔いしれた。

 第1戦を1−0で制して迎えた一戦。序盤はマンチェスター・ユナイテッドの猛攻を浴び、相手のシュートがクロスバーをたたく場面もあった。そんな嫌な流れを断ち切ったのが前半16分だ。

 敵陣深くで味方が相手DFを追い、ミスを誘った。メッシはこぼれ球に鋭い出足で反応し、球を失った選手のタックルをひらりとかわして奪取。迫りくる2人目を絶妙な左足外側のワンタッチで置き去りにすると、中央のスペースへとドリブルで切り込む。最後はペナルティーエリアのやや外から、左足で低い弾道のシュートをゴール左隅へ。卓越した技術を凝縮した圧巻の先制点だった。

 CLの準々決勝では6年ぶりの得点で勢いづき、4分後には準決勝進出を決定付ける2点目を奪った。これでホームでのCLは31戦無敗。期待に応えた点取り屋に、バルベルデ監督は「彼のゴールが試合の行方を変えた」と賛辞を惜しまなかった。 (共同)

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報