東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > スポーツ > 紙面から > 4月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【スポーツ】

白鵬が国籍離脱申請 モンゴル政府へ 日本籍取得目指す

横綱白鵬

写真

 大相撲の横綱白鵬(34)=本名ムンフバト・ダバジャルガル、宮城野部屋=がモンゴル国籍の離脱を同国政府に申請していることが十七日、分かった。角界関係者が明らかにした。日本国籍取得の手続きのためとしている。この関係者は「モンゴルが終わらないと、日本の申請はできない」と述べた。

 白鵬は大相撲で史上最多の優勝四十二度を誇り、第一人者として君臨。以前から日本国籍取得の意向を示していた。

 十七日付の複数のモンゴル主要紙も横綱の国籍離脱申請を報じた。オドリーン・ソニン紙によると、白鵬は申請を先週、大統領府に提出した。モンゴル出身の元小結旭鷲山で同国相撲協会のダバー・バトバヤル会長も十七日、共同通信の取材に対し、白鵬本人から申請を聞いたと明らかにした。

 外国出身力士が親方になるには日本国籍が必要。白鵬は引退後も角界に残ることを見据え、モンゴル国籍を離脱して日本国籍を得る決意を固めたとみられる。

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報