東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > スポーツ > 紙面から > 4月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【スポーツ】

雄平、執念の決勝打 ヤクルト首位堅持

9回2死満塁、雄平が勝ち越しの2点適時打を放つ。捕手松井雅=ナゴヤドームで

写真

◇ヤクルト5−3中日

 ヤクルトは3−3の九回2死満塁から、雄平の2点左前打で勝ち越した。八回のピンチをしのいだ五十嵐が3勝目で、九回を締めた石山が4セーブ目。八回に同点とした中日は鈴木博が崩れ、連勝が3で止まって3位に後退した。

     ◇

 嫌な流れを何度も振り払った。ヤクルト打線が九回に粘りを見せ、首位を堅持した。決勝の2点適時打を放った雄平は「チーム全体で勝った」と胸を張った。

 救援陣が2点のリードを守れず、3−3とされた後の九回だった。無死一塁で代打の松本直がバントを失敗して三振。チャンスがしぼみかけたところで青木が右前打を放ち、一、三塁とすると山田哲が四球を選んで満塁に。途中出場の田代は一ゴロに倒れ、2死満塁となった。

 ここで執念を見せたのが、5番の雄平だった。「落ち着いて集中して打席に入ろう」と中日の抑え・鈴木博と対峙(たいじ)すると、1ボールからの152キロを左前にはじき返した。ヒーローは「真っすぐが速いので、振り負けないようにと思った」と笑顔で胸を張った。連敗を止め、3位転落の危機も救った一打となった。小川監督は「よく打ってくれた。素晴らしい」とたたえた。

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報