東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > スポーツ > 紙面から > 4月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【スポーツ】

中日、好調打線が全開  

2回中日2死一塁、大島が右翼線に適時二塁打を放つ=ナゴヤドームで

写真

◇中日7−5ヤクルト

 中日が逃げ切った。一回にビシエドの2点適時打で先制し、二回はビシエドらの3適時打で3点。その後も加点した。7投手で継投し、2番手の佐藤が今季初勝利。鈴木博が7セーブ目。ヤクルトは反撃が届かず、2位に後退した。

 ◇ 

 打線が最初からエンジン全開だった。中日は二回までに5点を奪うと、3試合連続の2桁となる12安打でヤクルトの追い上げを振り切り、3カード続けて勝ち越した。

 安打がリレーのように続く。一回は京田からの4連打。二回も1点を加えた後、さらに大島とビシエドが適時打で突き放した。大島は開幕からなかなか調子が上がらず、打席での立ち方やフォーム修正のために試合後帰ってからも鏡を見て何度も素振りした。「打つときに今まで感じていた気持ち悪さがだいぶなくなってきた」と話す。

 ビシエドも試合前練習が始まる前から球場でトレーニングに励む。「日頃から自分のタイミングで打てるよう練習していく」と準備に抜かりはない。選手たちの見えない努力が調子の良さにつながっている。かみ合いつつある歯車でどこまで進むだろうか。

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報