東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > スポーツ > 紙面から > 4月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【スポーツ】

大谷、来月早々復帰へ手応え

写真

 【アナハイム=共同】エンゼルスで昨年10月に右肘手術を受けた大谷翔平=写真、共同=が25日、当地の本拠地エンゼルスタジアムで2日続けて非公開の同僚投手相手の打撃練習に臨み、5月早々にもあり得る打者でのメジャー復帰に向け「僕個人としては(出場できる状態に)なっている。その準備はしてきたつもり」と臨戦態勢を強調した。

 前日、術後初めて投手の生きた球を打った。この日はマイナーの左投手と5打席対戦し、全19球で左中間への長打など安打性の当たりを2本放ったという。その他は四球、見逃し三振、二ゴロで「感じはすごく良かった」と振り返った。

 現在の調整は復帰への最終段階となり「(オースマス監督が目安としている約40打席より)少なくても大丈夫だと思っている。監督やスタッフ、僕も含めていけるという安心した状態でいくのがベスト」と言う。同監督は指名打者で相手投手の左右にかかわらず起用するとし「休む日を与えるなら(左打者が苦手とされる)左投手の時」と語った。

 26〜28日の遠征には同行せずに本拠地で非公開の練習を続けるため、平成の時代に取材対応するのは25日が最後となる見込み。「野球人生を語るにはまだ序章なので、前段階として平成があったのかなと思う。新しい元号になって、これからが本番」と述べた。

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報