東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > スポーツ > 紙面から > 5月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【スポーツ】

新時代到来、期待の新人引っ張る DeNA・大貫感慨 ハマスタ初○

 プロ野球は1日、セ、パ両リーグの6球場で令和に改まって最初の公式戦が行われた。

 午後2時にプレーボールした巨人が東京ドームで中日に5−1で勝ち、プロ野球で令和最初の白星を挙げた。二回に坂本勇が山井から左中間へ8号ソロを放ち、令和1号本塁打をマーク。菅野が完投して令和で最初の勝利投手となった。

 DeNAがヤクルトを5−1で下し、阪神が広島に6−2で逆転勝ちした。

 楽天はソフトバンクに9−0で大勝し、日本ハムは西武に7−2、ロッテはオリックスに4−0で快勝した。

◇DeNA5−1ヤクルト

 DeNAは三回に大和の適時打で1点を先制し、六回にソトと宮崎の適時二塁打、神里の2点二塁打で4点を加えた。ルーキー大貫は七回途中4安打1失点で2勝目。ヤクルトは村上の7号ソロの1点止まりで連勝が3で止まった。

    ◇

 横浜で生まれ育ち、幼いころから何度も通った横浜スタジアム。声援を送る側から受ける側へと立場を変え、DeNAのルーキー大貫は「心強かった。力になった」という。七回途中1失点の好投で2勝目。新たな時代が始まった日に本拠地でのプロ初勝利を挙げ、「感慨深い」と余韻に浸った。

 4月4日の初登板初先発では三回途中4失点と打ち込まれたヤクルトとの再戦。強打者が居並ぶ相手に、低めへの意識を強くして臨んだ。右腕が活路を見いだしたのは生命線のツーシーム。とりわけ、右打者の懐に食い込むそれがさえた。

 五回までの15アウトのうち、10個を内野ゴロで打ち取った。内角を意識させることでスライダーなど他の球種が生き、打者にまともなスイングをさせない。七回先頭の村上に右越えソロを浴び、降板を余儀なくされたが「逃げないで戦う姿勢を持って投げられた」と胸を張った。

 新人とはいえ、既に25歳。日体大時代には右肘の靱帯(じんたい)再建手術を受け、投げられない期間も長かった。新日鉄住金鹿島(現日本製鉄鹿島)からプロ入り。回り道の末、たどり着いた憧れの舞台。「緊張しすぎて、何を言ってるのか僕も分かりません」。初めて立った本拠のお立ち台でそう話す様子は、冷静沈着なマウンドでの姿とは対照的に初々しさに満ちていた。 (中川耕平)

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報