東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > スポーツ > 紙面から > 5月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【スポーツ】

イチローさん初仕事 打撃投手で約100球

打撃投手を務める、マリナーズの会長付特別補佐兼インストラクターに就任したイチローさん=シアトルで(共同)

写真

 【シアトル=共同】マリナーズで会長付特別補佐兼インストラクターに就任したイチローさん(45)=本名・鈴木一朗=が1日、当地の本拠地Tモバイル・パークで試合前に打撃投手を務め、初仕事をした。マウンド手前に置いた台から約100球を投げ「高いところからだし、近い。あれだったら、300球くらいは(投げられる)」と話した。

 カブスとの試合の二回表終了時には、球場の大型スクリーンに現役時代の名場面が流された。選手復帰した今季、同球場でプレーを見る機会がなかった地元ファンから声援が起こると、現役引退後初めて背番号51のユニホーム姿をベンチから見せた。「あんな感じでやるとは知らなかった」と話したが、手を上げて歓声に応えた。

 守備に就いた対戦相手のカブスの選手からも敬意を示すしぐさを送られたそうで、イチローさんは右手で左胸をたたく米国流の謝意を返した。「これはまた特別な時間でした。なかなかあんなふうにはしてもらえないですからね」と喜んだ。

 インストラクターとしては打撃、外野守備、走塁を担当し、メジャーのほかマリナーズ傘下のマイナー、3Aタコマの選手も指導する。

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報