東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > スポーツ > 紙面から > 5月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【スポーツ】

守乱4連敗、泣きの竜 先発・柳、足引っ張られKO

5回ヤクルト2死二、三塁、西浦に2点適時打を許し、このイニング7失点目。汗をぬぐう中日・柳=ナゴヤドームで

写真

◇ヤクルト8−4中日

 ヤクルトは同点の五回、打者12人で7点を奪った。連続野選で2点を加え、山田哲が適時打、村上が2点二塁打、西浦が2点左前打を放った。高梨が7回3失点で3勝目。中日は今季初の4連敗。ミスが目立ち、柳も8失点した。

 ◇ 

 打者を仕留めてベンチに引き揚げる柳はぶぜんとした表情。中日ファンから送られた拍手はまばらだった。五回、小さなほころびから試合は壊れていった。

 1死二、三塁。大量失点だけは避けたい場面。内野が前進守備を敷いて迎えた太田への5球目だった。ゴロをさばいた京田はホームへ送球。だが走者の西浦は、差し出されたミットを巧みに避けて右手で本塁に触れた。負の連鎖は止まらない。続く上田は犠打を転がす。捕球したビシエドは、一塁を指さす捕手の加藤に向かってボールを投げた。

 打ち取った当たりが野選となり、1死も取れずに2失点。柳は「野手のミスをカバーするのがいい投手」と頭では分かっていたが、投球は崩れた。直後に青木を歩かせ、その後4本の長短打。連敗中の悪い流れにのみ込まれ、「点数を取られたのも、その後打ち込まれたのも僕なので」と言い訳はしなかった。

 阿波野投手コーチは「マウンドで悪循環を断ち切る力が必要になってくる。少しずつたくましくなってほしい」ともうひと踏ん張りを求める。開幕ローテーションの6人のうち、笠原は体調不良で離脱し、吉見と山井は2軍調整中。その座にとどまる右腕の成長は欠かせない。

 令和の初日から今季初の4連敗で、4カード連続の負け越し。出口の見えないトンネルから抜け出すには、失敗を糧に地力をかさ上げしていくしかない。 

  (山内晴信)

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報