東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > スポーツ > 紙面から > 5月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【スポーツ】

男子はサントリーがV 女子の東レは9年ぶり バレーボール・全日本男女選抜

4年ぶり8度目の優勝を決め、大喜びのサントリー・藤中(10)ら=丸善インテックアリーナ大阪で

写真

 全日本男女選抜大会最終日は6日、大阪市の丸善インテックアリーナ大阪で決勝が行われ、男子はサントリーが4年ぶり8度目の頂点に立った。女子は東レが9年ぶり5度目の優勝。

 サントリーはVリーグ覇者で2連覇が懸かったパナソニックを3−1で破った。ムセルスキーの高さを武器に戦い、サーブも好調で第4セットは競り勝った。

 東レはクランと石川佑を軸に、初優勝を目指した日立をストレートで下した。

 最高殊勲選手賞には男子がムセルスキー、女子はクランがともに初選出された。

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報