東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > スポーツ > 紙面から > 5月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【スポーツ】

五輪チケットつかみたい! 販売開始 28日まで受け付け

写真

 二〇二〇年東京五輪で国内在住者向けに販売するチケットの抽選申し込みが、九日午前十時から公式販売サイトで始まった。二十八日午後十一時五十九分まで受け付け、抽選結果は六月二十日に発表される。公式販売サイトはつながりにくい状態が続き、大会組織委員会によると、午後五時までのアクセス数は約百三十万件に上った。

 五輪への関心の高さが改めて浮き彫りとなる一方、待ち時間が数時間に及ぶ状況となった。組織委は最大十八万人が待機し、最長二時間の待ち時間が生じたとしたが、途中で手続きを進められなくなり、さらに長時間を要したケースもあった。組織委の鈴木秀紀チケッティング部長は「ご迷惑をお掛けして申し訳ない」と陳謝し、混雑回避を呼び掛けた。システム障害は起きていないとした。

 今回は開閉会式と三十三競技のうち実施が凍結されているボクシングを除く全競技が対象。購入希望者は事前に住所、氏名、電話番号などを登録する「ID登録」が必要。組織委によると登録数は九日午後五時には約三百五十五万件に達し、一二年ロンドン五輪の約二百万件を大幅に超えた。

 組織委は、サイトのサーバーの容量を一部大きくしたほか、電話での問い合わせに、土日も応じることを決めた。

 チケットは一人で第一希望として三十枚まで申し込め、第二希望も選択すれば六十枚まで申請が可能。当選は最大三十枚。当たったチケットは全て買う必要があり、購入手続きは七月二日が締め切りとなる。購入後に観戦できなくなった場合は来春以降、公式リセールサービスを通じて定価で譲渡できる。

 今秋以降は公式サイトで先着順に販売するほか、来春以降に東京都内に販売所も設ける予定。

写真
 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報