東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > スポーツ > 紙面から > 5月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【スポーツ】

中日・清水、プロ初先発初勝利 夏の甲子園V 思い出の地

与田監督(左)とウイニングボールを手に笑顔を見せる清水=甲子園で

写真

◇中日5−2阪神

 中日は2−2の二回に大島の三塁打で勝ち越し、五回は阿部が2点二塁打を放った。プロ初先発の清水は味方の好守に支えられ、5回2失点で初勝利。鈴木博が11セーブ目。阪神は才木が5失点を喫し、二回以降は逸機続きだった。

 ◇ 

 黄一色の左翼席に陣取ったわずかな中日ファンへ向け、ナインが頭を下げる。最前列で清水が、誇らしげに両手を振った。プロ初先発で初勝利を挙げ「先発と言われた時から緊張しっぱなしだったけど、自信を持って腕を振った」。プロ2年目の右腕が、6カードぶりの勝ち越しへ導く大きな白星をたぐり寄せた。

 舞台は、埼玉・花咲徳栄高3年の夏に優勝投手となった思い出の地・甲子園。2点を先制した直後の一回は「平常心を保てなかった」と1死から2四球と安打で満塁のピンチを招いた。福留に直球を中前へはじき返され、たちまち同点。それでも辛うじて後続を断つと、与田監督はチームの士気の高まりを感じ取った。「2点取られてもまた振り出しに戻っただけだと。ベンチもそんな空気で彼を支援しているような状況だった」

 二回無死一塁で、清水が才木の送りバントを処理した場面もそう。二塁への送球はワンバウンドになったが、京田が全身を伸ばして捕球し、間一髪でアウトにした。四回無死一、二塁では、木浪の右中間を破りそうな大飛球を平田が全力疾走でグラブに収めた。

 清水が徐々に落ち着きを取り戻す。「高校野球と一緒ではないが、この球場は相性がいいと思って投げていた」と二回以降は被安打2で無失点。変化球でストライクを先行させ、直球で凡打を誘う。ウイニングボールを手にすると、観戦に訪れた母・百合野さんへ贈ることを明かして、はにかんだ。

 投打がかみ合わない試合が続いていただけに、与田監督は「守備の助け、打線の援護。チーム全体で彼の勝ちに貢献した」と目を細めた。 (浅井貴司)

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報