東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > スポーツ > 紙面から > 5月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【スポーツ】

サニブラウン9秒99 日本人2人目の大台 男子100

男子100メートル決勝9秒99で優勝したサニブラウン・ハキーム(右)=11日、フェイエットビルで(共同)

写真

 【フェイエットビル(米アーカンソー州)=共同】陸上男子のサニブラウン・ハキーム(20)が十一日、米アーカンソー州フェイエットビルで行われた大学南東地区選手権の100メートル決勝で1・8メートルの追い風を受け9秒99をマークして優勝した。桐生祥秀(よしひで)(日本生命)が二〇一七年に出した日本記録に0秒01及ばなかったが、日本人二人目の9秒台となった。 

 東京・城西高出で米フロリダ大に籍を置くサニブラウンは10秒05が自己ベストだった。既に世界選手権に二度出場した大器が、五輪の花形種目で「10秒の壁」をあっさり突破。層の厚みを増す日本の男子短距離陣は新時代を迎え、来夏に控える東京五輪へ期待が高まっている。

 日本記録は伊東浩司が一九九八年に10秒00まで伸ばした後、長く足踏みした。世界記録はウサイン・ボルト(ジャマイカ)の9秒58。

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報